人事給与スケジュール6月

人事給与
スポンサーリンク

 こむぞうです。

 とうとう6月なので、人事給与スケジュールの6月を御紹介します。人事給与担当の人たちは、こんなことやってるよ~ってことを公務員になろうとしてる方も現役公務員の方も参考として御覧ください。

 特に、

  • 人事給与担当部署に所属していて仕事のスケジュールの整理がしたい人
  • 人事給与担当部署が何をしているか興味のある人

 以上の方々は、お役に立てると思いますので、是非御覧ください。

児童手当

 多くの場合は、児童手当は、住まいの市町村から支払われます。しかし、公務員は、給与として支給することとなります。

第八条 当該地方公務員の所属する都道府県若しくは市町村の長又はその委任を受けた者(市町村立学校職員給与負担法(昭和二十三年法律第百三十五号)第一条又は第二条に規定する職員にあつては、当該職員の給与を負担する都道府県の長又はその委任を受けた者)は、前条の認定をした一般受給資格者及び施設等受給資格者(以下「受給資格者」という。)に対し、児童手当を支給する。

児童手当法(昭和46年法律第73号)第17条第1項において読み替えて準用する同法第8条第1項

 上記の引用は、国家公務員も同様です。

 2月、6月、10月の3回支給しますので、今回は、児童手当の支給月となります。

 また、6月は、他の月と異なり、児童手当の受給権者全員から現況届を提出してもらわなければならないという事務があります。現況届の内容自体は、10月の児童手当に反映すべきものですが、最新状況でもありますので6月も無関係なわけではありません。これをチェックした上で6月の児童手当を支給します。

 児童手当については、こちらの記事を御覧ください。

公務員の児童手当
公務員の児童手当について御紹介します。実は公務員以外の方と少し手続が違うんです。特にこれから子どもが生まれる方又は既に子どもがいる方は、是非御覧ください。

毎月の給与事務

 またここから入りますね。とはいえ、4月や5月ほど忙しくはありません。大量の職員の採用と退職を設定する必要はありませんからね。この月について敢えていうならば、上記の児童手当が支給されることくらいです。

ボーナス事務

 6月は、ボーナスの支給月です。これについては、少し大変ですね。

 公務員のボーナスは、期末手当と勤勉手当に分かれます。

期末手当一律に支給するもの。在職期間に応じて支給されます。私は、「算定期間中お勤めお疲れ様」という意味合いのものだと認識しています。この記事の投稿日現在では、支給率は、1.275
勤勉手当成績を査定して支給するもの。人事評価の結果で決まります。この記事の投稿日現在では、人事評価が標準場合の成績率は、0.95です。

 6月であれば、前年の12月2日から今年の6月1日までの期間で考えます。この期間で、中途採用、休業、休職等があれば、その期間(中途採用は、在職していない期間)を算定期間から除いて計算されます。

 詳しい計算方法は、こちらをどうぞ

労働保険の支払

 再任用職員、任期付職員及びアルバイト的な地方公務員である会計年度任用職員は、雇用保険や労災保険の対象になることがありますので、会社員のように労働保険を労働基準監督署に支払わなければなりません。

 労働保険料とは、雇用保険料と労災保険料の2つのことで、毎年6月1日から7月10日までに会社が年1回まとめて支払います。

 そのときの労働保険料は、労働者の給与にそれぞれの保険料率をかけて算出するわけですが、会社単位で年1回支払うことになるため、次のとおり計算して支払います。

(その年度に支払う予定の給与から概算で算出する労働保険料)+(前年度に概算で算出した労働保険料)-(前年度の確定された給与で再算出した労働保険料)

 つまり、この年度に支払う予定の給与の見込みで計算した概算の労働保険料を支払っておいて来年度に実際支払った今年度の給与で再計算して、確定した労働保険料との差額を返してもらったり追加で支払ったりするわけです。

こむぞう
こむぞう

私の所属団体では、その職員ごとに設定されている人件費の支出科目ごとに労働保険料を支払うため、細かな計算をしたりちゃんと予算措置が執られているか確認したりして少し大変です。

人件費決算

 4月の引き続きですね。人件費に限りませんが、決算は、まさしくこの6月議会のために必要な事務です。前年度のお金の動きを整理しなければなりません。特に財政部門は、時間外勤務が最も多いかもしれない重要イベントですね。

6月議会対応 

 人事給与スケジュール4月でも御紹介しましたが、6月に議会提案をする場合は、この議会開会期間中で対応することがあります。例えば、予算不足になる見込みなので増額したいとき等ですね。すごく目立つので、議会で答弁をするえらい人たちには避けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました