人事給与担当部署になって得られるもの6選

人事給与
スポンサーリンク

 こむぞうです。

 今回は、人事給与担当部署に配属された職員が得られるものを6つ紹介します。

 この情報は、次の方にとって有益だと思いますので、当てはまる方は、是非御覧ください。

  • 人事異動で人事給与担当部署に配属された人
  • 人事給与担当部署で勤務していた職員が人事異動で自分と同じ職場になった人
こむぞう
こむぞう

人事給与担当部署に配属される人は「これからそういうことが身に付くんだなぁ」と、人事給与担当部署で勤務していた職員が人事異動で自分と同じ職場になった人は「この人はそういう能力を持っているかもしれないな。」と思って御覧ください。

 1点注意事項です。

 人事部門と給与部門が一緒の自治体組織を前提に語ります。以下のそれぞれの項目で人事部門と給与部門のどちらの内容で得られるものか説明しますが、人事部門と給与部門が分かれている組織だったらすみません。

法令知識を習得できる。

 最初にこれを出すのは、意外と思われるかもしれません。

 現状の法令はどうなっているか、法令情報を知ったらどうするか、というノウハウを習得することになるため、こういうことに弱い組織にとってはきっと重宝されます。

 人事給与担当部署は、毎年必ず人事給与関係の法改正がされるため、条例、規則等の整備に追われます。そのため、法令情報には敏感になります。

こむぞう
こむぞう

条例、規則等の整備まで及ばなくとも、法令を確認して仕事をするので、法令を見慣れているというだけでも様々な仕事に適応しやすいと思います。

 なお、条例改正等の進め方については、こちらでまとめていますので、興味のある方は御覧ください。

必見!条例改正等の進め方
条例改正等の進め方を御紹介します。本で紹介されないような情報なので、この事務に直面している方は、是非御覧ください。もちろん規則、訓令、規程、要綱等といった「法」の整備にも参考になると思います。

何ができるか把握できる。

 地方公務員とは何か。何をどこまで行っていいのか。

 細かいことをいえば、服装、組織での立ち回り方、プライベートの過ごし方等といったことも含みます。

 この点について、服務規律を実際の事例とともに学ぶので分かるようになります。

 これがわかるようになると、自分ができることが明らかになるので、(「これをやっていいのか」と悩まなくて済むので)仕事に取り掛かるスピードが上がって業務の効率が上がります。

こむぞう
こむぞう

仕事を早く終わらせる一番のコツは、作業スピードを上げることでなく、早く取り掛かることです。

職員間の人間関係を構築できる。

 人事給与担当課部署では、様々な職員情報が得られますので、職員間の信頼関係を得られます。

 例えば次のような職員情報です。

  • 職員の人格の概要
  • 職員の能力
  • 職員の生活実態

 職員研修の受講姿勢、組織内での評判、仕事上の困りごと相談、共済組合、給与、会計年度任用職員の採用等の手続を通してこういったことを知ることになります。その職員のためになる情報発信、フォロー等をすることができるので、信頼を得ることができます。

 もちろん信頼を得ることができれば、次は自分自身が困ったときに頼みやすくなります。

こむぞう
こむぞう

職員間交渉の駆け引きが成功しやすいというより、引き際が分かるようになるので、無理強いをしなくて済みます。

組織マネジメント力が向上する。

 上記と通ずるものがありますが、職員情報、職員能力の把握、時間外勤務等の勤務実態の把握を踏まえ、適正な事務配分のバランス感覚が養われています。

 したがって、配属された組織で問題があれば、次の手法で組織を改善することができます。

  • 事務配分の見直し(事業の廃止及び統合、担当者の負担の分散等を含む。)
  • 他の所属との協力依頼
  • 会計年度任用職員の採用
こむぞう
こむぞう

つい自分たちの今できることだけで解決しようとしてしまいますが、人に頼ることの大切さと頼り方が分かるのが人事給与担当部署だと思っています(頼りすぎて「これ以上頼めない」状況にもなりますが・・・。)。

給与の知識を習得できる。

 給与部門であれば、自然なことですね。

 単純にもらう給与はもちろんですが、給与から控除されるもの(所得税、住民税、社会保険等)についても詳しくなるので、給与収入を正確に算出できます。

こむぞう
こむぞう

ファイナンシャルプランナーっぽいかもしれません。今後の人生設計にとても役に立ちます。私も人生の大きなイベントにはこの知識に随分助けられました。

 ついでにいうと、社会保険労務士を目指しやすくなります。

 これらの資格取得を目指す際は、オンライン講座がおすすめです。特に次の講座ならオンライン資格講座シェアNo.1なので安心です。資格取得は、それだけで自分に自信が付きます。「自分に何ができるか分からない。」「自分には何もない。」と自己肯定感の低めの方は、特にやってみるといいと思います。

オンライン資格講座 スタディング

PCスキルが向上する。

 一人で大量の仕事を処理することが多いため、PCスキルの活用なしでは処理しきれません。

 公務員の職場ではエクセル関数を使わなくとも仕事を終えられる部署もありますが、人事給与担当部署ではそうはいきません。

 これまで進められてきた人事給与担当部署にはそうしたPCスキルの蓄積がありますので、かなり参考になると思います。

 ちなみに私が人事給与担当部署で学んだスキルは、次のスキルです。

  • 職員番号等を入力すれば、氏名、住所、生年月日等を自動で表示するスキル(エクセル関数「VLOOKUP」等。職員名簿からのコピペでも可能ですが、この方が間違いがないし操作も楽
  • 大量の封筒への宛先等の印字(ワードの差し込み印刷)
  • 提出書類の事前準備(ワードの差し込み印刷、エクセル関数「VLOOKUP」等であらかじめ提出対象者のリストからその情報の印字をした提出書類としておけば、後は提出対象者が押印したり確認すればすぐ提出することができるので、問合せ対応や記載案内をせずに済ませられる。
  • 文書のスキャン管理(採用試験の受験申込書等で活用。すぐに探し出せる。
  • ファイル名の整理(「01 起案用紙(報酬支払)」「02 一覧表」のように、名前順で起案書類を整理すれば、添付資料順に並べられる。わざわざ起案に当たって資料の順序をどうするか確認しなくていいので楽)
こむぞう
こむぞう

中には「スキル」と呼びにくいものもありますが、役に立った私の仕事術なので、記載しました。

まとめ「大変だけど身に付くものは大きい部署」

 以上のとおり、人事給与担当部署に配属されると自分の能力が大きく上がります。

 ただし、その「得られるもの」は、その組織として新しい体制を求められたり、大量の仕事をこなしたことの見返りだったりします。

 一長一短ですが、得られるものの方が大きいと思いますので、もし配属されたら積極的にチャレンジしてみましょう!

こむぞう
こむぞう

また、幾つかの自治体の人事給与担当部署の職員と関わったことがありますが、自分の部署も含めて人柄のいい職員が集まっている傾向にあります。働く職場としては、いいですよ。

 ちなみに、人事給与担当部署は、デスクワークが中心です。

 仕事を進めていくと、黙々とPCに向かって作業をするため、気が滅入ってしまうこともあるでしょう。

 脳が多くの神経領域を割いているもののうち、一つは、手(指先)だそうです(脳外科医のワイルダー・ペンフィールドが掲げるホムンクルス)。

 仕事をやり切った自分への御褒美として、手で触れるものには、少しいいものを使ってみませんか?

 システム手帳、文庫カバー、革財布等の手触りのいい革製品をこちらでは日本の熟練工が手作りで作っているので、「ボーナスの事務をやり切った!」「年末調整を乗り切った!」「人事異動の事務を完了させた!」といったようなときにでも購入してみるといいかもしれませんね。きっとあなたにいい影響を与えてくれます。

日本製ハイエンド革製品ブランド – ココマイスター『COCOMEISTER』

 あ、もちろんこちらの楽しいグッズを買ってデスクに置いておくのもいいかもしれません(笑)。

【事務職向け】ちょっとしたプレゼントに最適!もらって嬉しい(かもしれない)プレゼント
「すごく親密」っていうほどでもない人とか、職場で仲良くしている人にちょうどいい事務職員向けのプレゼントの紹介です。 結構おしゃれ。男性と女性のどちらにも、ちょっとしたお祝いにいいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました